完全栄養食!『マヌカハニー』

生活

皆さん『マヌカハニー』をご存知ですか。

そう、食品売り場のハチミツコーナーに行くと
一般的なハチミツよりも高価格で売ってあるアレです!

なぜ高価格なのか、カラダにとってどのように良いのか等の
疑問を解決すべく
今回は完全栄養食として今注目の『マヌカハニー』を
購入した事のない方にも分かりやすく紹介していきます。

・マヌカハニーとは

ニュージーランドだけに自生しているフトモモ科に属する常緑低木である
マヌカの木からのみ採取できるハチミツのことを言います。

花が咲いている4週間のみ採取可能、かつニュージーランドでしか採れないということで
希少性のとても高いハチミツです。

マヌカの木は花の蜜以外にも、葉や樹液などあらゆる部分に
様々な効能があるとされています。
ニュージーランドの原住民であるマオリ族はこの木を
『復活の木』と言う意味で『マヌカ』と呼んでいます。

・マヌカハニーの効能

殺菌効果

マヌカハニーには、独自の殺菌成分である『メチルグリオキサール』が多く含まれています。
これは通常のハチミツには含まれていません。

一般的なハチミツにも殺菌成分である過酸化水素が含まれていますが
『メチルグリオキサール』の殺菌力はその約2倍にもなります。

その為、腸内で悪さをする『大腸菌』や『ピロリ菌』の抑制に絶大な効果があります

そこまで殺菌作用がすごいと、体にとって良い働きをする菌も退治しちゃうんじゃないの?
という疑問がわいてきますが、ここが『メチルグリオキサール』の凄いところで
なんと善玉菌と悪玉菌を区別し、悪玉菌のみを殺菌してくれます。

故に、腸内環境の改善に大きく期待ができるのです。

美容促進・老化防止

ハチミツには、美肌に欠かせないビタミンやミネラル等の栄養素が豊富です。
抗酸化作用をもつポリフェノールも含まれている為
カラダが酸化してサビていくのを防ぎ、アンチエイジングの効果があります。

また代謝が改善され、肌荒れや便秘の解消にも繋がります。

さらには、体内では生成することのできない必須アミノ酸も含まれており
ハチミツはたくさんの栄養素が詰まった完全食と言えます。

ダイエット効果

人間は甘いものを摂取すると、血糖値が上昇してしまいます。
特に砂糖のように精製された糖分は血糖値の急上昇を招きます

すると体内では、急上昇した血糖値を下げるためにインスリンという物質が分泌され
血中の糖分を脂肪に変えて蓄えてしまいます

これが甘いものを食べると肥満を招くメカニズムです。

ハチミツは低カロリーのため、血糖値の上昇が緩やかです。
その為インスリンの過剰分泌を防ぎ、脂肪のできる割合を減らす効果があります。

また、はちみつは砂糖の1.3倍も甘味が強いので、料理に使用する際や、紅茶を飲む際には
砂糖の1/3程度の量で同程度の甘味を加えることができます

加える量も減り、カロリーも砂糖より少ないので
無理なくダイエットを続けたい方にはとてもオススメです。

・マヌカハニーの基準

マヌカハニーには、ニュージーランド政府が認めた正式な基準表記があります
マヌカハニーを買おうと思ったことのある人は、良くわからない表記があって
どれを買えば良いかわからず悩んだ方も多いのではないでしょうか。

僕はめちゃくちゃ悩みました。
製品によっても表記の種類が違うので余計混乱しました。

しかし、よくよく見てみれば
表記は3種類のみです。

・UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)

こちらはマヌカハニー研究の第一人者、ピーター・モラン博士が定めた規格です。

マヌカハニーの抗菌作用を示す規格としては元祖とも呼べる基準です。

モラン博士はマヌカハニーに含まれる強い殺菌成分を発見した当初、
「マヌカ特有のユニークな要素」という意味で
「UMF(Unique Manuka Factor)」と名付けました。
それが後に「メチルグリオキサール」と判明するのですが
当時はまだそこまでは明らかになっていませんでした。

「UMF」の数値についてですが、マヌカハニーの特殊な抗菌作用を
医療用消毒液「フェノール液」と比較したものになります。
例えば「UMF10+」の場合、そのマヌカハニーの抗菌作用は
「フェノール濃度10%」に同等ということになります。
数値が上がればそれだけ殺菌作用も高くなります

・MGS(モラン・ゴールド・スタンダード)

『MGS』はピーター・モランの博士が、上記であげた『UMF』に新しい基準を追加して
より正確な抗菌作用の指標となるよう改良したものです
マヌカハニーのブランドマークの中では最も厳格な規格とされています。
こちらもMGSから始まる数字が大きいほど、殺菌作用が高いハチミツを表します。

・MGO(メチルグリオキサールの略)

『MGO』はシンプルに『メチルグリオキサール』がどれくらい入っているかを指標にしています。
「マヌカハニー1kgの中にメチルグリオキサールが何mg含まれているか」を示しています。
例えば「MGO100+」の場合、「1kg当たり100mg」の
メチルグリオキサールを含んでいるということになります。
稀に『MG』という表記がありますが、これも『MGO』と同じと
思っていただければOKです。

このように偽物や低品質なマヌカハニーが出回ることをかなり嫌うニュージーランドでは
公的に認められた検査機関によって徹底した品質管理が行われているのです

オススメのマヌカハニー

私のオススメするマヌカハニーは
下記リンクからご覧ください。

自分にあったマヌカハニーを見つけてください!



良質な「はちみつ」をお届けする通販ショップ【神戸養蜂場】

タイトルとURLをコピーしました